城崎温泉 まちあるき情報
旅館 泉翠は城崎温泉街のほぼ中心に位置し、外湯めぐりや温泉街の散策に適しています。ゆっくりとした時間の流れのなかで、町を歩けば、いつもと違う風景にきっと出会えます。
外湯巡り
外湯巡り湯の街城崎には七つの外湯があります。今でこそどのお宿にも、温泉が引かれていますが、昔は外湯が当たり前の時代もありました。浴衣を着て外湯を巡るのは城崎の馴染み深い風景のひとつです。七つの外湯を巡るには湯あたりをおこさぬように、あまり長湯をしないのがコツ。泉翠のオリジナル浴衣を着て湯の街情緒を満喫しませんか?
〔営業時間〕15:00〜23:00
〔料金〕600円〜800円
〔備考〕不定休
駅舎温泉さとの湯/一の湯/御所の湯/まんだら湯/地蔵湯/鴻の湯/柳湯
外湯巡りのページへ
城崎文芸館
城崎文芸館志賀直哉の小説「城崎にて」に代表される数々の文学・詩の舞台にもなった城崎。
城崎文芸館では、これらの作品と作家たちと城崎とのかかわりや文学作品などに出会えます。
また館内には麦わら細工体験コーナー・ミュージアムショップや自分で短歌や俳句を作るコーナーなどが設けられています。

■開館時間
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日/毎月最終水曜日(祝日の場合は翌日)
■観覧料
大 人/400円(300円) 中高生/300円(150円) ※( )は20人以上の団体
■展示内容
■城崎麦わら細工伝承館との共通券
大 人/500円 中高生/350円
城崎麦わら細工伝承館
麦わら細工伝承館白壁が美しい土蔵を活かした建物を入れば、懐かしい気持ちに包まれる…昔ながらの麦わら細工の数々は職人の匠の技の見事さを再確認させてくれます。

■入館料
大人/300円 中高生/200円
*団体(20名以上)
大人/200円 中・高生/100円

■お得な伝承館・文芸館共通券
大人/500円 中・高生/350円
(一枚で城崎文芸館・城崎麦わら細工伝承館のどちらも入れます

温泉寺
温泉寺城崎温泉の源泉のほど近くにある温泉寺。城崎温泉は、今から1300年前、地蔵菩薩の化身といわれた道智上人により開かれた霊湯です。
その道智上人が開創したのが温泉寺です。道智上人は永く温泉が栄える様にと城崎温泉の守護寺として温泉寺を開創されました。本尊は、木造十一面観音菩薩立像。いにしえから湯治に来られた人々をあたたかく見守っておられます。
毎年、道智上人の忌日である四月二十四日に全町を挙げて道智上人と温泉への感謝を捧げ、大般若転読法要を行います。
法要終了後には景品付餅まきも行われます。
木屋町小路
木屋町小路城崎温泉に2008年4月26日新しい観光スポット『木屋町小路』がオープンしました。
木屋町小路は、御所の湯の近く「四所神社」の道をはさんで向かい側にあります。
木屋町小路は、三十三間広場と呼ばれる休憩スポットを中心に10の店舗があり、
飲むお酢(ビネガー)の店や城崎温泉たまごプリンの店、
イカ・エビなど新鮮食材を使った海鮮せんべいのお店や、
耳専用のエステ、マッサージの癒しなど個性的なお店ばかりです。
外湯めぐりの際に是非お立ち寄りください。
城崎温泉ロープウェイ

城崎温泉ロープウェイ城崎温泉ロープウェイは温泉寺の薬師堂と大師山山頂を結ぶ全長676mのロープウェイ。
山頂駅展望台からは城崎温泉の全景や円山川と遠く日本海を見渡せます。
城崎の温泉街を見下ろすパノラマは一見の価値あり。
[営業時間] 9時10分〜17時10分(上り最終16時50分)
[休業日] 第2・4木曜休、定休日が祝日の場合は営業

[料金]
●大師山上駅までの
 往復料金:大人880円、小人440円
 中間駅(温泉寺):大人540円、小人270円
(山上駅往復券で途中下車出来ます)
●山上駅片道料金:大人450円、小人230円
 中間駅までの片道料金:大人280円、小人140円
 山上駅からの中間駅までの片道料金280円
※中学生以上大人料金、6才以上小人料金

極楽寺
極楽寺城崎の奥、しんと静まり返った一角に極楽寺はあります。
極楽寺は出石の高僧・沢庵が再興した古刹。
境内には石庭「清閑庭」があり、庭を見ながら座禅を組むと悟りの境地に達するかも。